PLC(プログラマブルロジックコントローラー)とは、シーケンス制御専用ともいえる、マイクロコンピュータのことを言います。一般的にシーケンサとも呼ばれていますが、シーケンサという言葉は三菱電機の登録商標となります。

PLCの構造

PLCは普通のコンピュータと基本的な構造は同じです。装置の制御やデータの処理を行うCPU(マイクロプロセッサー)で、メモリに記憶されたプログラムを実行し、入力機器からデータを受け取り、演算・加工した上で、出力装置に出力します。

PLCでは、制御に適した専用のプログラミングができ、そのプログラムを実行できる基本ソフトがメモリに書きこまれています。プログラムは一般的にラダー図が用いられています。ラダー図はプログラムに対する特別な知識が無くても、リレーシーケンスを知っていれば、容易にプログラムを作成できます。

標準的なPLCの外観は、外部機器から情報を取込む為の入力端子、制御された情報を外部機器に送ったりする為の出力端子、プログラミングツール接続用のコネクタ、他機器との通信コネクタ、外部電源入力端子などから構成されています。

PLCの入力リレーと出力リレー

入力装置はスイッチやセンサ等の外部機器から接点信号をPLC内に取込む装置です。それらの信号は入力端子から取込みます。入力端子には、それぞれ固有の入力リレー番号が割り当てられており、この番号がプログラム中で使用するリレー番号となります。

出力装置はランプやモーター、ソレノイドなどのアクチュエーターを接続し、出力命令に従つて個別に動作させることにより、接続された機器を制御します。装置にある出力端子には、それぞれ固有の出力リレー番号が割り当てられています。

PLCでは、○○点入力・○○点出力といった表示があり、最大その点数分の入力機器信号を個別に読み込み、最大その点数分の出力機器を制御することができます。尚、拡張機能によつて、入出力の点数を増やせるPLCもあります。

PLCのプログラミングツール

PLCのプログラミングは、プログラム専用の機器であるプログラムコンソールを使うか、パソコン上で、専用ソフトウエアで作成し、通信ケーブルを使ってPLCに転送する方法があります。最近では、パソコンでプログラミングを行うのが主流となっています。

PLCのシーケンス回路はラダー図を使って表します。パソコンで専用ソフトを使ってラダー図を作成すると、ソフトがPLCが読める、ニーモニク言語に変換し、通信ケーブルを介して、PLCのプログラムメモリに書きこみます。ラダー図を作成するソフトは、複数メーカーのPLCで使える、安価なものも発売されています。

関連リンク

Copyright (C) 自動制御と計装入門(リレー&PLCシーケンス) , All rights reserved.