PLCで使われるタイマーはオンディレー型が一般的です。オンディレータイマーをオフディレータイマーとして使うには、プログラムに少々工夫が必要になります。

オフディレータイマー

入力信号がONになると同時に出力がONとなり、入力がOFFになると、設定時間を経過後に出力がOFFになる回路をオフディレイタイマーといいます。

自己保持とタイマーを組み合わせた例

入力(0.00)がONになると、補助リレー(100.00)が動作し自己保持します。
補助リレー(100.00)のa接点により、出力リレー(10.00)が動作し、自己保持します。
入力(0.01)により補助リレー(100.00)がOFFになると、タイマー(TIM000)が動作し、10秒後にタイムアップ。
TIM000のb接点が動作し、自己保持が解除。
出力リレー(10.00)と、タイマー(TIM000)がOFFになります。

関連リンク

Copyright (C) 自動制御と計装入門(リレー&PLCシーケンス) , All rights reserved.