PLC(プログラマブルロジックコントローラー)の入力端子にスイッチやセンサなどの外部信号機器を接続する方法を説明します。

PLCの入力仕様

PLCでスイッチやセンサから信号を取り込むには、入力端子に外部機器を接続します。その入力端子を有する、入力ユニットには、AC入力タイプとDC入力タイプがあり、DC入力タイプには、コモンが+又は−のものがあります。

信号入力側に使用する電源は、内蔵電源を使用するものと、別電源を使用するものに分かれます。

有接点信号との接続

リレー接点や押しボタンスイッチなどの機械的な接点で、プラスマイナスの極性のない有接点信号では、PLC入力インターフェースにある発光ダイオード(フォトカプラ)の向きに合わせて、電源の極性を決めます。尚、双方向性のタイプでは、極性を気にしなくても大丈夫です。

その発光ダイオードをONにすると入力リレーがONになります。このとき発光ダイオードを点灯させるために電源が必要になります。通常は直流電圧(DC12〜24V)を外部電源もしくは内蔵電源を入力端子-COM間にかけます。

LEDや保護用のダイオード付きの有接点信号を取り込む場合は、接点自身に極性や電圧の指定があるものがありますので、選定には注意が必要です。

無接点信号との接続

オープンコレクタタイプの無接点信号をもつ外部機器からの信号を、PLC入力ユニットで受け取るには、PLC入力ユニットのタイプを、外部機器の信号とのタイプと合わせなければいけません。

無接点信号がNPNトランジスタタイプの場合は、PLCユニットはプラスコモンとなるシンクタイプを、無接点信号がPNPトランジスタタイプの場合は、PLCユニットはマイナスコモンとなるソースタイプを選びます。

センサなどの無接点信号では、NPNトランジスタ型のものが大半で、シンクタイプのPLC入力ユニットと接続するのが一般的です。

IC出力信号との接続

CMOSやTTLなどのIC出力信号をもつ外部機器からの信号を、PLC入力ユニットで受け取るには、DC5V入力のユニットを選べばそのまま接続することができます。他のセンサ類がDC24Vの場合は、DC24V系の入力ユニットには接続することができませんので、インターフェースを介して、IC信号を増幅し、DC24V系の入力ユニットに接続します。

アナログ計装信号との接続

アナログ計装信号を、PLC入力ユニットで受け取るには、計装メーカーが推奨する変換器で1-5Vや4-20mAに変換し、PLCのアナログ入力ユニットを使って接続することができます。

又、アナログ入力ユニットを使わずに、計装信号をON-OFF信号に変換するコンパレータ―を使う方法もあります。

関連リンク

Copyright (C) 自動制御と計装入門(リレー&PLCシーケンス) , All rights reserved.