PLC(プログラマブルロジックコントローラー)の出力端子にランプやリレーなどの外部機器を接続する方法を説明します。

PLCの出力仕様

PLCの出力インターフェイスには、リレー接点出力タイプ、トランジスタ出力タイプ、トライアック出力タイプがあります。PLC内部にあるこれらの装置を使って出力装置をON/OFFします。

外部機器をON/OFF制御するには、制御電圧とスイッチングできる電流を考慮する必要があります。出力ユニットの許容電流を超える負荷を接続する場合は、リレーを介してその負荷を駆動する方法をとります。

リレー出力(接点出力)の特徴

機械的な接点によって、ON/OFFします。一般的に広く使われ、直流負荷でも交流負荷でもON/OFFすることができます。いくつかのリレー接点をまとめて、共通のコモンになっているものは、1つのコモンに対して、1つの電圧を設定します。ON/OFFの速度は遅く(100msオーダー)、流すことの出来る電流は数アンペア程度です。

トランジスタ出力の特徴

トランジスタにより直流負荷をON/OFFします。電圧はDC12〜24Vが主流で、流すことの出来る電流は数10mA程度です。直流負荷を高速(数msオーダー)でON/OFFすることができます。

トライアック出力の特徴

トライアックにより交流電流をON/OFFします。AC100.Vの交流負荷が主流で、流すことの出来る電流は数10mA程度です。交流負荷を高速(数msオーダー)でON/OFFすることができます。

関連リンク

Copyright (C) 自動制御と計装入門(リレー&PLCシーケンス) , All rights reserved.