ラダープログラムで使われる、タイマリレーの説明です。

タイマーの動作

PLCではタイマーは、オンディレー型が使われます。オンディレー型とは、入力信号(タイマーが動作)を受けると、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が動作するタイマーです。入力信号がなくなり、復帰するときは瞬時に行われます。

タイマーは、ラダープログラム中では仮想的なリレーであるため、外部入出力の動作に直接関与しません。また、プログラム中では何度でも使うことができます。

上図のようなラダープログラムでは、入力リレー(0.00)がオン状態を続けると、タイマー(TIM001)が動作し、10秒後にタイマー(TIM001)のa接点が動作し、出力リレー(100.00)を動作させます。この状態は、入力リレー(0.00)がオフするまで継続されます。

タイマーの右側にある(#100)は、タイマーの設定定数です。通常は、最小単位が0.1秒となり、任意の定数を設定することができます。

関連リンク

Copyright (C) 自動制御と計装入門(リレー&PLCシーケンス) , All rights reserved.