一定時間の間隔で、出力がONとOFFを繰り返す回路をフリッカー回路といいます。

フリッカー回路

フリッカーリレーといった製品がありますが、タイマーを使って回路を組むことも可能です。タイマーT1・T2に注目してください。


@電源を入れるとT1がカウント開始
T1の設定時間後T1のa接点閉
A R1動作
BR2動作
CT2がカウント開始
DT1復帰
 
CT2の設定時間後T2のb接点開
ER1復帰
FR2復帰
  T2復帰

@へ戻る

T1とT2が設定時間で交互に切り替わる、フリッカー回路となります。自己保持回路などを組み合わせて、工夫をすれば、実情にあった回路を組むことができます。

関連リンク

Copyright (C) 自動制御と計装入門(リレー&PLCシーケンス) , All rights reserved.