1台のモーターを右回転・左回転させることにより、シャッターは上下の方向に動き、自動扉は左右に開閉します。モーターを正逆回転させるシーケンスの紹介です。

正逆回転の原理

モーターのU,V,W相を三相電源R,S,T相に対して、RとU SとV TとW のように接続すると、モーターは正方向に回転します。

三相電源のR,S,T相のうち2相を入れ替えてモーターの巻線に接続すると、相回転が反転してモーターは逆方向に回転します。

正転・逆転回路のシーケンス

正回転動作
@押しボタンスイッチBS-Fを押すと、正転用の電磁接触器52-Fが動作します。
ABS-Fと並列に接続されている、52-Fの補助接点(a接)により、自己保持されます。
Bこの状態で押しボタンスイッチBS-Rを押しても、52-Rには52-Fのb接点が直列に接続されているため、モーターは停止も逆回転もしません。(インターロック)
C押しボタンスイッチBS-1を押せば、自己保持が解かれモーターは停止します。

逆回転動作
@押しボタンスイッチBS-Rを押すと、逆転用の電磁接触器52-Rが動作します。
ABS-Rと並列に接続されている、52-Rの補助接点(a接)により、自己保持されます。
Bこの状態で押しボタンスイッチBS-Fを押しても、52-Fには52-Rのb接点が直列に接続されているため、モーターは停止も逆回転もしません。(インターロック)
C押しボタンスイッチBS-1を押せば、自己保持が解かれモーターは停止します。

関連リンク

Copyright (C) 自動制御と計装入門(リレー&PLCシーケンス) , All rights reserved.