インターロック回路とは、2つの入力信号のうち、先に動作したほうが優先し、他方の動作を禁止する回路のことをいいます。2つの入力信号がいっしょに入ると異常が発生する場合、機器の保護と操作者の安全のために、誤って2つの入力信号をいっしょに入れても、先に動作したほうを優先し、他方は動作しないようにした回路です。

リレーXが先行したときの動作

@押しボタンスイッチBSxを押すことにより、リレーXのコイルに電流が流れます。

AリレーXのコイルに電流が流れると、可動鉄片の吸引により、リレーXのa接点が閉じ、リレーXのb接点が開きます。

BリレーXのa接点が閉じると、ランプLxが点灯します。

押しボタンスイッチBSyを押しても、、リレーXのb接点が開いているので、リレーYは動作しません。これをリレーYがインターロックしたといいます。

リレーYが先行したときの動作

@押しボタンスイッチBSyを押すことにより、リレーYのコイルに電流が流れます。

AリレーYのコイルに電流が流れると、可動鉄片の吸引により、リレーYのa接点が閉じ、リレーYのb接点が開きます。

BリレーYのa接点が閉じると、ランプLyが点灯します。

押しボタンスイッチBSxを押しても、、リレーYのb接点が開いているので、リレーXは動作しません。これをリレーXがインターロックしたといいます。

関連リンク

Copyright (C) 自動制御と計装入門(リレー&PLCシーケンス) , All rights reserved.