電磁リレーと同じ動作原理なのですが、電磁石による可動鉄片の吸引を利用して、接点の開閉を行う機器です。電磁リレーと異なるところは、モーターのような大電流が必要な機器の接点といて使用される主接点と、電磁リレーのように制御回路に使われる小電流用の補助接点を有しているところです。

電磁接触器の動作のしかた

電磁接触器の電磁コイルに電流が流れると、電磁リレーと同じように可動鉄片が磁力で、引き寄せられます。その時、連動して主接点と補助接点は同時に動き、主接点なら閉、補助接点のa接点は閉、b接点は開となります。

電磁開閉器(マグネットスイッチ)

電磁接触器は、単に電気回路の開閉を行うもので過負荷に対する保護がありません。そこで、過負荷保護が行えるように熱動形過負荷継電器(サーマルリレー)とを組み合わせたものを電磁開閉器(マグネットスイッチ)といいます。

電気用図記号

電磁接触器とサーマルリレーの電気用図記号です。

関連リンク

Copyright (C) 自動制御と計装入門(リレー&PLCシーケンス) , All rights reserved.