シーケンス制御とは、「あらかじめ定められた順序または手続きに従って制御の各段階を逐次進めていく制御」と、日本工業規格(JIS)の旧規格 C0401 に定義されています。

電気制御回路が必要!

電気を使って機械設備を自動的に動かすには、電気制御回路が必要です。制御回路は機械設備に行わせる動作や順序を記憶させておき、一連の機械動作を行わせる命令と言えます。

シーケンス制御は制御系に於いて、フィードバックを伴わない制御のことをいます。フィードバックとは、検出器やセンサーからの信号を読み取り、目標値と比較しながら設備機器を運転し、目標値に近づけることを言います。

シーケンス制御は出力に対して、目標を達したか否かの検出機構を有し、その反応に応じて処理の継続と停止を制御する方法です。具体的には、スイッチのON/OFFや、モーターの回転/停止など、制御対象となる現象の有無を制御する方法です。

有接点シーケンス

リレーシーケンスともいいます。電磁継電器などの有接点リレーをスイッチとして利用し制御する方式です。制御図を表すにはシーケンス図が用いられます。

無接点シーケンス

ロジックシーケンスともいいます。トランジスタやICなどを利用して論理素子をスイッチとして利用し制御する方式です。制御図を表すには論理回路図が用いられます。PLCの開発によって利用されなくなりました。

PLC(Programmable Logic Controller)

専用のマイクロコンピュータを利用した制御装置のことを”プログラマブルロジックコントローラ”といいます。パソコンや専用の入力装置を利用して、制御内容をプログラムによって表現し、これを実行することによりシーケンス制御を行う装置です。制御図を表すにはラダー図が用いらます。

シーケンス図とは?

シーケンス制御の動作の順序を正確に理解できるように考えられた電気回路の接続図をシーケンス図といいます。シーケンス図には、縦書きの場合の基本的なルールを説明しますと、

・制御電源は図の上下に横線で示す
・制御機器などを結ぶ接続線は、上下の制御母線間に縦線で示す
・接続線は動作の順序に従い左から右に書く
・制御機器は休止の状態で、電源を切り離した自然な状態で示す

が挙げられます。

関連リンク

Copyright (C) 自動制御と計装入門(リレー&PLCシーケンス) , All rights reserved.