オンディレータイマーと自己保持回路の組み合わせ

オンディレータイマーは、入力の信号を受けると、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が動作するタイマーです。入力の信号がなくなると、接点の復帰は瞬時に行われます。

BS1を押すとリレーRが動作し自己保持します。それと同時にタイマーTLRがカウントを開始します。
タイマーの設定時間後、カウントアップしTLR-a接点が閉じ、ランプLが点灯します。
BS2を押すと、自己保持及びタイマーの接点が解除されランプLが消灯します。

オフディレータイマーと自己保持回路の組み合わせ

オフディレータイマーは入力の信号を受けると同時に接点が動作するタイマーです。入力の信号がなくなり、接点が復帰するときは、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、復帰するタイマーです。

BS1を押すとリレーRが動作し自己保持します。それと同時にタイマーTLRが動作し、TLR-a接点が閉じ、ランプLが点灯します
BS2を押すと、自己保持が解除されます。それと同時にタイマーTLRがカウントを開始します。
タイマーの設定時間後、カウントアップしTLR-a接点が復帰し、ランプLが消灯します。

関連リンク

Copyright (C) 自動制御と計装入門(リレー&PLCシーケンス) , All rights reserved.